小顔矯正と「痛み」の関係性って?恵比寿・青山で小顔になるならビコツゼロ!

東京恵比寿・青山の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

小顔矯正と「痛み」の関係性

column

まず、皆さんは「小顔矯正」と聞いて
イメージすることはありますか?

当サロンでもお客様から色々な事を聞きます。
その中でも圧倒的に多いのが『痛そう』というイメージです。
なぜ、このようなイメージを持たれている人が多いのか?
理由は、単純にまだまだ痛い小顔矯正をしている所が多いから
なんでしょうね。では「小顔」になる為には「痛み」に
耐えなければいけないのか?

これは、はっきり言うと「NO」です。

正確に言うと、痛みを出すほど押さえ付けなくても「小顔」になれます。
むしろ、痛みを出さない方が「小顔」になれます。でも痛いくらい
押さえられた方が、効果が出るような気がする気持ちも分かります。

では、なぜ痛みを出さずに小顔になれるのでしょうか?

実は、頭蓋骨の調整法の歴史はまだまだ浅く、専門の文献も
身体に比べると非常に少ないです。
小顔矯正という言葉が流行る前までは、頭蓋骨の調整は
身体の不調や、脳脊髄液の循環改善等を目的として
施術家が治療技術として使用していました。

そして、その技術のほとんどは、触れるくらいの感覚で全くの無痛
です。その微妙な力加減の調整法で驚くくらい体質改善を
みせるクライアントさんがたくさんいます。

要するに頭蓋骨の調整を行う事で、身体全体の重心バランスや
自律神経の乱れ、脳脊髄液の循環改善により様々な不調が
回復を見せるのです。

という事は、逆を返せば間違った施術方法で頭蓋骨を触ると。。。。(あとは想像にお任せします)

歯並びを改善させる歯列矯正も、ほんの数十グラムの圧力であの頑丈で硬い歯を正常な位置に
動かすそうです。実際、頭蓋骨や骨格も調整するのに、力はほとんど必要ないという事です。
それでも、痛いのが好きな方がたまにいらっしゃいますよね(笑)個人の好き嫌いなので、
無理に引き止めはしませんが、しっかりとリスクも理解した上で施術を受ける事はお勧めします。
ページトップ